ごはんの後は、散策タイム。
まずは皇后大道中沿いの老舗菓子店陳意齋を目指す。
このお店、観光局発行の冊子「OLD TOWN CENTRAL」に載っていた。
セントラルの歴史、文化、アートなどが詳しく紹介されていて、
読み物としてもすごく楽しい。
東京のオフィスにメールで請求すると、
直ぐに郵送されてきた。
無料です!

さて、1927年創業の陳意齋。
ドライフルーツや豆菓子などの伝統菓子が棚一面に並んでいる。
無添加、無香料でやさしい味わい。素朴だけれど品がいい。
おすすめの杏仁餅は小包装になっているので、
お土産用にも買っておこう。
いろんな種類を食べてみたいと、みんなで色々選びまくり、
後で小分けにすることに。
多人数だと、こんなこともできちゃうね。

お次は印鑑ストリート文華里。
石を選び、文字を決めてオーダーするシステムで、
翌日には仕上がってくるもよう。
路地に並ぶブースの中から、価格と照らして好みを選ぶ。
職人さんによって文字の雰囲気が異なるので、
比べてみるのがいいみたい。
友人2人がオーダー。
出来上がりが楽しみ。

高級肌着の「利工民」を覗いたり(今回は下見のみ。次回は買いたい)、
朱榮記雑貨店」(ここは割とふつう、)を冷やかしたり。
坂があって活気に満ちて、
この界隈の雰囲気やっぱり大好き。



a0119620_17164458.jpg

a0119620_11161592.jpg


古めかしい喫茶を見つけ、入ってみる。
地元民のリビングと化した店内は、昭和感たっぷり。
飲み物はアルミのマグで出てきた。
檸檬茶には輪切りのレモンが4切れも入っており、
珈琲はしゃびんしゃびんで美味しくない。
ある意味想像を裏切らないレトロカフェ。
これもまた良し。


a0119620_11053608.jpg

a0119620_11050725.jpg


坂道の途中、竹を積んだトラックが停まっている。
おおこれは!!香港名物、竹の足場ではないですか。
見上げると、途中まで竹が組まれたビルが目に入る。
組み終わった光景はよく見るが、現場に遭遇したのは初めて。
興奮ーーー。


a0119620_11072101.jpg

a0119620_11075827.jpg



さらに「安利製麺」で買い物。
ここの小分け麺は、パッケージもシンプルでお土産にも最適。

夕刻が近づいてきた。
まだまだグルグルしたいけど、そろそろ次の目的地に向け移動開始。
MTRにて北角へ。
フェリーに乗って、対岸へ渡る。
この路線はスターフェリーとは異なる会社が運営していて、
ローカル度がぐっと高い。

海に出ると、すばらしい夜景が飛び込んできた。
わあああ、これぞ香港。
まわりには、電飾を付けた観光船も行き交っていて、
日常と非日常が入り混じった幻想的な光景。

後で知ったが、
あちら方面には啓徳クルーズターミナルが在るらしい。
かつての空港が再開発されて、大型客船の寄港地となっている。
ああ、あの着陸スレスレ空港の跡地っていうことねー。
滑走路跡も見られる公園も整備されているようなので、
ここはいつか行ってみたい。


a0119620_17181915.jpg



ほどなく紅磡Hung Homに到着。
港の目の前にあるKerry Hotelへ、
ハッピーアワーを目指しやって来た。

オープンスペースのロビーラウンジは、
ごてごてとしたラグジュアリー感が微塵もなくて、
すっきりと軽やかでモダンなデザイン。
スマートだけど威圧感のないサービスがいい感じ。
海に面した客室も、きっと心地がいいんだろうな。

7階にあるバースペース Red Sugar。
海に面したテラス席に陣取って、お酒やお茶とおしゃべりを愉しむ。
まわりには、欧米人のグループが多く、
おとな時間が流れてる。


そして、この夜景。


a0119620_17192572.jpg



こちら側は都心方面。
20時になると光のショー、シンフォニー・オブ・ライツがはじまった。
距離が離れているため、音までは聞こえないけど、
かえって落ち着いた雰囲気で寛げる。

大人って素晴らしい、笑


a0119620_11093469.jpg


居心地よすぎて、予定時間をすっかりオーバー。
いつまでも眺めていたいけれど、そろそろお暇することに。

ホテル横のバスターミナルから、
チムチャッツイを経由してネイザンロードを北上、ホテル近辺まで戻って来た。

香港はバス路線が多すぎて一見わかりにくいけれど、
グーグルマップで検索すれば、難なく解決。
すごいなあ、グーグルさん、
多謝!!


a0119620_11134228.jpg



遅くなったので、ホテル近所で夜ご飯。
ぶらぶらと歩き回り、屋台風の庶民派食堂に入ると、
テレビ前には競馬の実況を見つめるおじさん達が群がっていた。

具材山盛りの海鮮鍋、炒飯や油菜などでお腹を満たす。


a0119620_11082459.jpg

a0119620_11142554.jpg



そして、素通りなどできません。
亀ゼリーで締めくくる。


a0119620_17464465.jpg


よく歩き、よく食べた。
2日目無事終了〜。
オヤスミなさい。


[PR]
# by 84vaucluse | 2018-02-20 21:20 | Comments(0)

Bon voyage a tous!


by 84vaucluse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28