早くも香港最終日。
夕刻の便でチェンマイへ向かうため、
自由に動ける時間は13時くらいまで。

最後の食事は、点心の有名店、
ホテルから近い深水埗店へ。
混雑を覚悟して、開店時間に合わせて来店、
待ち時間なく席に通される。

まずはこれ。
この店の名物点心、酥皮焗叉燒包。
表面をカリッと焼いた小ぶりのメロンパンにチャーシューが入っている。
甘辛のバランスがよく当然おいしい。
でも1個で十分。
もしもひとりで来たら3個はやっぱり厳しいなぁ。


a0119620_18421465.jpg



外せない大好物、馬拉糕マーラーカオ。
生地がなんとも繊細で、口の中で溶けていく〜。
もう幾らでも食べられそう。
注文したメニューのうち、これがいちばん気に入った。


a0119620_18464391.jpg



海老蒸し餃子、蝦餃ハーガウ。間違いのない美味しさ。


a0119620_18501135.jpg



腸粉、春巻、焼売などなどを、
朝から全力で食す。
庶民派とはいえ、昨日の蓮香居よりは少々高めの価格設定。
好きなメニューを食べ比べ、
お気に入りを見つけていくのも楽しい。

サムスイポーから太子方面へ、
腹ごなしに歩く。
地元密着、気取りのない下町感がたまらない。


a0119620_19042408.jpg



前回見つけた餅店さん、
気になってまた立ち寄ってみる。
エッグロールをお土産に買う。
これ、チェンマイへ持って行こう。


a0119620_18580138.jpg

a0119620_19000821.jpg



豆腐屋さんの店頭で、豆花。
砂糖をかけて、
つるっと頂く。


a0119620_19005498.jpg



残り時間が無くなってきた。
まだ食べ足りないものもあるけれど、
また次回のお楽しみに。

ホテルに戻り、荷物をピックアップ、
すぐ近くのバス停から空港行きのバスに乗る。

日本から一緒に来た5人とはここでお別れ。
みなさん、残り時間も楽しい旅を!
私は友人とふたり、チェンマイへ向かいます。


・・

赤x黄のエアポートバスA21。
油麻地から機場までは、HK$33。
午後の早い時間だったため、渋滞もなく50分ほどで到着した。

今回はじめて第2ターミナルから出国したので、
覚え書きも兼ね、空港内の様子を記します。

香港エクスプレスにて出国する場合、
webでチェックインし、搭乗券をダウンロードしておけば、
カウンターに寄らずとも出国が可能。
でも今回は訳あって、
カウンターを経由して紙の搭乗券を受け取った。

出発の表示に従い、フロア奥のエスカレーターより地階に下りる。
パスポートコントロール、手荷物検査を通過。
時間帯にもよるけれど、この日はガラガラ、待ち時間はゼロだった。
第一ターミナルまでトレインに乗って移動。
降りたホームの目の前に、乗り換え車両が停まっている。
2つ目(終点)で降りれば、
LCCの発着する200番台のゲートに到着。

なるほどー、
これで空港全体の概略が飲み込めた。
確かに敷地は広いけど、
欧州の空港のように複雑な作りではないから
覚えてしまえば分かりやすい。
第2を利用する人数は、第1に比べ圧倒的に少ないから、
こちらから出国したほうが混雑に紛れず済んでいいかもしれない。


搭乗ゲートは205番。
最後の最後で変わることもあるので、
(実際前回は直前に変更された)
あまり気を抜きすぎず。


a0119620_19210683.jpg



隣のスポットに見慣れない飛行機発見。



a0119620_19221803.jpg


ふーん、四川航空かぁ。

んんん???!


a0119620_19233778.jpg



衝撃の書体であった...。

というわけで、チェンマイへ。



[PR]
# by 84vaucluse | 2018-02-25 15:08 | Comments(0)

Bon voyage a tous!


by 84vaucluse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28