アアルト邸へ行く

出発の迫った友人から、ここ行きたいんだれど?と質問が入る。

The Aalto House アルヴァ・アアルト邸


ここねー、もう本当によかったから、時間がなくてもなんでも、ぜひ行ってみて欲しい。
写真もいっぱい撮ってきたけど、ますは行き方とかそんなのが知りたいと思うので、情報中心に載せますね。


--


アルヴァ・アアルトがデザイナーでもあった妻アイノとともに築いた自邸 アアルトハウス。
1936年に設計され、以後40年間住み続けていた家とは、いったいどんな空間なんだろう。

アアルト邸は、市街地から少し外れた住宅街の中にあり、近くには仕事場として建てられたスタジオアアルトもあるのですが、私は自邸のみを見学しました。時間が限られるのならば、ここだけでも十分満足できると思います。

アアルト邸に関するインフォメーションは、ガイドブックやネット上で数多く見かけますので詳細は省きますが、見学はガイドツアーのみ、開始時間も決まっていて、約1時間で終わります。
見学者には建築を学ぶ学生や専門家などが多いようですが、私のときは観光で来ている日本人4名と外国人1名というメンバーでした。
ちなみに、解説は英語です。


さて、私が辿ったルートはこんなふう。
別行動していた友人とキアズマで待ち合わせ、目の前の停車場から4番トラムに乗車し、Laajalahden aukioにて下車。
郊外というほど遠くなく、乗ってしまえば20分ほどで到着します。このあたり、今では閑静な住宅街ですが、当時は郊外の別荘地で、もっと静かで自然豊かな場所だったみたいです。

紅葉の中を走るトラムが美しかった!

a0119620_17422163.jpg
a0119620_17414254.jpg


見学開始まで30分ほど余裕を持って出てきたのは、行ってみたいお店があったから。
トラムを降りた目の前、右手にある Cafe DELIVO
シナモンロールが美味しい人気カフェと聞き、こりゃあ行っておかないと!

お昼をまわっていましたが、店内はランチ客で混雑しています。
ご近所さんが食堂がわり、リビングがわりに寛ぎにやってくるといった感じ。
オーダーはカウンターで。並んでいるサンドウィッチやパンなどを指差して、飲み物も一緒に注文します。
会計を済ませたら、トレーを運び、好きな席へ。吹き抜けになった2階席に行ってみよう。

居心地抜群!
活気があって気取りがなくて、なんだかとってもリラックス。
近くにあったら絶対通っちゃうなーここ。

a0119620_16551422.jpg
a0119620_15492780.jpg
a0119620_15501537.jpg
a0119620_15505060.jpg


遅れないよう、余裕を持って店を出て、
トラムを降りた角を左に曲がり、ひとつ目の路地をさらに左折。
目印となる図書館が見えました。
この建物もかわいいなー

a0119620_16211319.jpg
a0119620_16325245.jpg


図書館のお隣りが、アアルト邸。
駅から徒歩10分とあったけど、もっと近い、5分くらい。

特に看板などもなく、さり気ないエントランス。
時間近くになれば、他の見学者も待っているので、すぐに分かると思います。

a0119620_16353337.jpg
a0119620_16355212.jpg
a0119620_16360891.jpg


うわ〜、玄関だけですでに興奮状態。

待っている間に、敷地内をぐるりと一巡。
見学後にも外部は自由に見られるので、焦らなくてもいいですけどね。


a0119620_16381668.jpg
a0119620_16383524.jpg
a0119620_16385373.jpg
a0119620_16391857.jpg
a0119620_16393504.jpg
a0119620_16395481.jpg
a0119620_16401138.jpg


さあ、テンション上がってきました。
時間になると、案内役の学芸員さんがドアを開けてくれます。
いよいよ家の中へ・・。


by 84vaucluse | 2016-09-02 17:44 | 2015 Paris・Helsinki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31