ワットポーとその周辺

まだまだ空気は冷たいですが、日差しはずいぶんと暖かくなってきましたね。
行きつ戻りつ、春までもう少し。
街路樹の木蓮が咲き始めるのを、今か今かと待っています。

さて、次の旅も決まり、ただいま手配などに着手中。
途中で放り出さないように、タイ日記もガンバルぞぅ。


--


バンコクの日曜日。
ワットアルンを堪能して、渡し船で対岸に戻ってきた。
次に目指すはワットポー。
でもその前に、軽く腹ごしらえしておきたい。

いいとこないかと路地へ分け入ってみると、何やら感じのいい界わい。

a0119620_11271344.jpg
a0119620_11275656.jpg
a0119620_11281492.jpg
a0119620_11291143.jpg

地図をよるとここらへん、干物市場という一角らしい。
なるほど、乾物ばかりが並んでいる。

a0119620_14375397.jpg
a0119620_11320611.jpg
a0119620_11322711.jpg

うろついた挙げ句、道端の屋台に座る。
魚の煮込みに白いご飯。
見た目以上に激辛な味付けで、口の中がひーとなる。
でも完食。

a0119620_11493497.jpg

コンビニに飛び込んで、飲み物を物色。
入口の階段におばちゃんの姿。新聞を広げて寛いでいる。
あ、よく見たら靴揃えて脱いでるよ。
一緒に腰掛け、オレンジ味の牛乳をぐびっと飲み干す。

a0119620_11562539.jpg


さあ、そろそろワットポーへ。
長閑な空気は一変し、驚くほどたくさんの観光客で溢れている。

人影の隙間から、横たわる仏様の姿を拝む。
切れ長で涼しげな目元が印象的。
それにしても、尋常じゃない人の数。
立ち止まることもままならず、流されるまま涅槃仏を見学する。


a0119620_11574622.jpg
a0119620_11580553.jpg
a0119620_11584867.jpg


二段重ねの豪華な枕。
後ろ姿も麗しい。

a0119620_12024423.jpg
a0119620_12032477.jpg


雲ひとつない青空から、強い日差しが照りつけている。
人の多さも手伝って、ぐったりと疲れてきた。
もうひとつの観光スポット王宮はとりやめて、下町方面へ歩いてみよう。

a0119620_12034425.jpg


少し歩いただけで、静けさの残るエリアに出た。
気温は高いが湿気がないため、日陰に入るれば心地よい。
さっきまであんなに大勢いたはずの観光客もまったく見当たらない。
ああ、気分がいいな。


a0119620_14525835.jpg
a0119620_14532376.jpg

気分の赴くまま。
通りかかったお寺に入ってみたり。

a0119620_14541233.jpg


だんだんと下町色が強くなってきた。
ワクワクする〜。

a0119620_15504944.jpg




[PR]
by 84vaucluse | 2015-02-20 16:06 | 2015.1 Thailand | Comments(0)

Bon voyage a tous!


by 84vaucluse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31