AT Niman Conceptual Home

a0119620_11040946.jpg

旅の愉しみは、なんといってもホテル選び。
今回は普通の主婦感覚を持った友人との旅だったので、あまりジャンキーな雰囲気を求めず、でも自分的なツボを抑えて選んでみた。
同行した友人夫妻も毎回違ったホテルを泊まり歩くのが好きなタイプであったため、私の選択に面白がって付き合ってくれた。

世界中から観光客が押し寄せるタイ。
ホテルのバリエーションはとても多く、アジアンなリゾート感溢れる高級ホテルからバックパッカー仕様のドミトリーまで様々。素敵〜と思うようなホテルはやはりお値段も相応なので、予算を絞り込んでから好みの宿を探していくのが良さそう。

大型で近代的なチェーンホテルより、個人経営の個性的なホテルが好みの私。
こういう宿は当たり外れも多いけど、そのぶん探す楽しみもある。

迷った末に選んだのは、こちらのホテル。
何と言っても、内装の可愛らしさに惹きつけられた。

a0119620_11485361.jpg
a0119620_12553863.jpg

ヒマラヤの山岳スタイルを優美にアレンジしたというデコレーション。
クッションやラグなど布使いが印象的。
エスニックに寄り過ぎず心地のいいスタイルにまとめられていて、とても参考になる。

a0119620_12073319.jpg

こじんまりと落ち着いたパブリックエリア。
吹き抜けのテラスで戴く朝食が美味しくて気持ちよかった。

ちっちゃなプールも付いてます。
プルメリア、と言えば、伝説ですな。

a0119620_12200294.jpg

ホテルのHPよりもお得だったagodaにて予約。
リスエストどおりツインルームが用意されていた。
シャワーの温度が低かったり、CDプレーヤーが使えなかったりとユルい部分もありましたが、まあ満足。

a0119620_12535901.jpg


部屋ごとに異なるインテリア。どの部屋にもソファの置かれたテラスエリアが付いている。



エントランスなどの空間もとても素敵。
ブティックホテルといえどもお洒落度が強すぎず、まったり寛げる雰囲気があるのがタイらしさかな。

そして何より、柔らかい笑顔のスタッフたちに癒された滞在でした。

a0119620_12470755.jpg
a0119620_12300622.jpg
a0119620_12414915.jpg


AT Niman Conceptual Home Chiang Mai 






[PR]
by 84vaucluse | 2015-01-22 13:16 | 2015.1 Thailand | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31