とっておきのご紹介

ポルトガル&パリ旅日誌が無事終わり、次は何を書こうかなーと思案中。
4月に訪れた台湾記をまとめておきたいと思いつつ、ちょっと二の足を踏んでおります。近々取りかかる予定なので、よろしければまたお付き合いくださいまし。

::

さてさて、少し前から新しい屋号 très simpleトレサンプル という名前を使って、幾つかのショップに商品を置かせて頂いています。いずれも普段より親しくさせて貰っているナゴヤが誇る素敵なお店。手持ちの商品の中からそれぞれのお店の雰囲気に合った商品をご提案し、お届けしています。同じ商品でも、置かれる空間やディスプレイの仕様によって、全く別物のような魅力を魅せてくれるのが、楽しいところ。

例えば、フランスのふるいコサージュたち。
淡いブルーのすずらんと、
a0119620_1274154.jpg

小さく可憐なカラーの束。
a0119620_1275840.jpg

パリ.ヴァンヴの市にて必ず立ち寄るもの静かなムッシュのブースにて見つけてきました。繊細でエレガント、フランスならではの存在感です。これが似合う空間はここを於いて他にない。そう思い立ち、ティザーヌさんにご相談。私の想いを快く受け入れて下さり、ただいま店内に並んでいます。お店のブログ「植物誌」にてとても素敵にご紹介いただきましたので、ぜひ合わせてご覧にくださいね。→ Tisane Infusion

--

一方、インテリアの主役になってくれそうなこの2点。何れもパリで購入し、日本にて額装を施しました。

ボザール(美術学校)の生徒によるデッサン画。モンマルトルの麓にある大好きなアンティーク店にて見つけました。
a0119620_1215540.jpg

出会った瞬間、わぁっと声が漏れたほど。絵画やデッサンの分野には詳しい知識を持ち合わせていないので、よほど気に入らなければ買い付けには至りません。でもこれは例外。自室に飾ろうと購入してみましたが、額装後の出来映えがまた素晴らしく、商品としてお出ししてみることにしました。照明を落としたほの暗い空間に浮かび上がるようすは本当に美しい。我ながらいいものを見つけ出したと自画自賛してしまいます。

こちらの作品は、クラシカルなポラロイドカメラで撮影されたモノクロームの写真。パリの外れにある緑豊かな住宅街で開かれていた移動蚤の市にて、写真家のムッシュより購入しました。
a0119620_1214486.jpg

テーブルの上に並べられた写真の箱には、テーマごとに分類された沢山のモノクロ写真が整然と納められています。お天気のいい週末の午后、撮影時のエピソードなどを伺いながら、木々の下でゆったりと品定め。自分へのお土産を含め、3点を選びました。作品の裏側にその場でサインを書き入れて下さったので、隠してしまうのが勿体なくて、裏面も見られるように額装しました。陰影のあるヴィンテージ風のガラスとモノトーンの写真が相まって、小さいながらも世界観を感じさせてくれる仕上がりに。

この2点は、本山の sahan にて展示販売しています。サハンのシックな空間にさり気なく溶け込んでいて、なかなか素敵な風情です。


物語りを感じさせる古い雑貨や小物たち。偶然の巡り会いを経て、気に入って下さる方のもとにお届けすることが出来るのならば、なんとも嬉しいかぎりです。
コサージュは数点ずつ在庫がございますが、ポスターと写真は一点限りの商品です。
お気になられたみなさま、どうぞそれぞれのお店にて、お手に取ってご覧になってくださいね。
by 84vaucluse | 2014-05-23 13:45
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31