人気ブログランキング |

南仏タビ日記 01 

いろいろとサボってるうちに5月が終わってしまいました。
梅雨シーズン到来。
しばらくは憂鬱な天気が続きますね。

春に出掛けた南仏タビ日記。ぼちぼちと断片は綴っていましたが、やはりきちんと残しておきたいなーという気分になってきました。記憶が薄れないうちに書き始めてみようと思います。

最後までガンバって仕上げるぞ。


---


27/02/2013  Nagoya → Nice



小雨が残る早朝、自宅を出てセントレアへ向かう。

往路はナゴヤ-ソウル-アムステルダム-ニースという旅程。チケットはKLMより購入したが、ソウルまではKE便となるため大韓航空にてチェックイン。混雑を予想していたけれど案外すんなり列が進み、一番端っこのカウンターに案内される。

席のリクエストを伝えると「アムステルダム行きのお座席が真ん中に指定されていますが」とのこと。えー予約時に通路側を指定していたはずなのに。機材が変更になったらしく適当に振り替えられてしまったみたい。希望の席に変更してもらい、アムスまで2枚のボーディングパスを受け取る。危うく窮屈な席になるところだった。気が効くお姉さんでよかったわ。カムサハムニダ〜。

両替を済ませ、出国審査に向かう。こちらもスムーズに通過。やはり出国は混雑知らずのセントレアに限るな。まだまだ時間があるのでスタバにてソイラテ、飛行機を眺めながらメールやTwitterをチェックする。時間の読みが甘くいつもギリギリ行動の私。いつもこのくらいゆとりを持てればいいんだけどね。
a0119620_9575353.jpg

ソウルまではお馴染みの752便。機材は新しくエンタメ類が充実している。i Phoneの充電ジャックやコートフックも付いていて快適。座席は8、9割方埋まってるけど、お隣りは運よく空席、2席をゆったり確保できた。

9:30 セントレア発。
地上は天気が悪かったが、雲の上に出ると朝日が眩しく差しこんできた。K-POPを聴き韓国モードに。海上の揺れもなく快適な時間を過ごす。
a0119620_12244425.jpg

11:30 インチョン着。
トランジットを利用して入国を試みる。少しでも時間を有効に使おうと入国書類も記入済み。準備万端、入国審査へと急ぐ。着陸から20分ほどで到着ロビーに行き着いた。よしよし、なかなか順調なすべり出し。

3階へ上がり外に出る。曇っているが寒くはない。コートもいらないくらい。わーい、ひさびさの韓国だ。ハングルを目にしたとたんテンションが上がってきた。
a0119620_12291915.jpg

空港内を循環する無料のシャトルバスにてEマートへ。帰国時にがっつり買い出す予定なので、今日は下見のつもり。ひとつめ「ハイアットリージェンシー」で下車。マートはすぐに見つかるが「本日臨時休業」みたいな張り紙。えーせっかく来たのにお休みですか。残念。

外の空気に触れ、いい気分転換になった。再びシャトルバスでターミナルビルに戻る。空港内を探索。地階は市内への鉄道開通を機にリニューアルし、店舗も増えて明るくなっていた。気になっていたスパの場所も確認。帰国時にはぜひとも立ち寄ろう。ランチタイムで賑わうフードコートへ。引き出しからかき集めてきたウォン紙幣にて食券を買う。全州ビビンバ8000ウォン。ささっとすばやく食べられて、このフロアなかなかよいかも。
a0119620_12363274.jpg

さらにうろうろ。コンビニ、郵便局、イベントコートに立ち寄り、頃合いを見計らって出発フロアに戻る。つかの間の韓国おしまい。ふたたび出国。

KL866便に搭乗する。新しくできた離れ小島のGATE100までシャトルにて移動。ターミナルはまだ新しくぴかぴか。これから乗り込むヒコーキが窓の外に停まっている。おぉ 初KLM!ロゴとカラーがかわいいよ。
a0119620_12432010.jpg

a0119620_2164447.jpg

座席は最後列の通路側。壁面前で狭いかなと思っていたら、隣席のカップルが席を移動、コリアンの若い女の子と4席を2人でシェアすることになった。やった、長距離なのでこれは嬉しい。

14:55 インチョン発。
すぐに機内サービスが始まった。あらら、思ってたより早いのね。さっき食べたばかりなので味見がてらつまみ食い。さっぱりとしたチキンのトマトソース、ローズマリーがしっかり効いてなかなか美味しい。食事内容はまあふつう。リフレッシュメントで配られた棒つきいちごアイスが嬉しかった。

サービスは英語オンリー、韓国語のできるスタッフはあまり見当たらない。どのスタッフも無駄なく迅速、てきぱきと動く。アジア的な丁寧さには欠けるけど、合理的なお国柄が伺える。そうそう、コーヒーが濃いめでおいしいな。

機材は若干古め。エンタメの充実度がいまひとつなのが少し残念。日本語字幕の映画も少ない。ま、これは韓国便だから仕方がないか。というわけで字幕付きの「Argo」を鑑賞。時節柄アカデミー絡みの作品多数。

機内は王冠マークとロイヤルブルーで統一されていて、センスが光る。さすがのダッチデザイン。機内誌にはミッフィーも登場。機会があればまた乗ってみてもいい感じ。
a0119620_12491938.jpg

18時過ぎ、予定どおりスキポール着。
ロビーに向かう通路には乗り継ぎ用のチェックイン機がずらっと並んでいる。日本語を選択し、ニース行きの搭乗券をプリントアウト。スーパーのレシートみたいなぺらぺらの紙が出てきた。いやーこんなに薄いのはじめて見たわ。どこまでも合理的なKLM。搭乗時間を再確認。

ショッピングゾーンに出た。トランジットは2時間。まずはシャワーを浴びに行く。目の前のエスカレーターで上階へ。ラウンジが並ぶ一角にメルキュールホテルのエントランスがある。シャワーの利用を申し出て支払いを済ませる。料金15ユーロ。指定されたブースに入り、熱すぎるくらいのシャワーを浴びてさっぱりとリフレッシュ。あー気持ちよかった。

続いて入国審査。ブースは2つほどしか開いておらず、がらんと空いている。若いお兄さんに「入国の目的は?」と尋ねられる。教科書の例文みたいな質問だな。パリじゃほぼスルーだから少しびびる。「サイトシーイング。10日間ほど旅行してリヨンから帰ります」と答えると「日本人なのにどうして英語が話せるのか?」と真顔で返され苦笑。いや、ちょこっとしかはなせませんが、てなやりとりの末、スタンプをもらいあっさり終了。セキュリティーをくぐって搭乗口に向かう。

目的のゲートまでは徒歩10分とあるけれど、これがオランダ人基準ならチビの私は倍くらいの時間がかかりそう。やや焦り気味で早足に。まだ着かん。やたらと賑わうハイネケンバーを横目にひたすら歩く。ゲート付近には大勢の搭乗客が集まっていた。夜遅いのに小さな子供を連れた家族も目立つ。みなさんニースで週末を?気軽なようすで羨ましい。
a0119620_20414844.jpg

タラップより搭乗。屋外は思ったほどは寒くない。夜の空港、ネオンがきらきらと美しい。20:25 スキポール発。

ニース便は子会社KLM Cityhopperによる運行らしいけど、機体のデザインはぱっと見、KLMと変わりない。機内は2-2の革張りシート、機内はほぼ満席。お隣りさんに声を掛け、窓側に乗りこむ。恰幅のいいおじさんはほとんど手ぶらで静かに本を読んでいる。席を立つとき覗き見たら、ムラカミハルキ「カフカ」だった。

フライト時間は約2時間。離陸後すぐにサンドウィッチが配られた。サービスはとても丁寧で飲み物のおかわりを何度も聞いてくれる。コーヒーを飲んだけれど、猛烈な睡魔に負けて爆睡。到着が近づくと眼下に海岸線が見えてきた。わあすごい、オレンジ色の夜景が宝石のように連なっている。

22:20ニースコートダジュール空港到着。遅延もなくひと安心。滑走路の脇にプライベートらしき小型機がずらっと並んでいる。さすがはリゾート。

ターミナルは想像どおり小さくて、あっという間に到着ロビーへ。市内に向かう路線バスの発車まで時間がない。これを逃すとタクシーを使うことになりそうなのでできれば乗ってしまいたい。時計とにらめっこしながらターンテーブルにて荷物を待つ。大型の荷物を預け入れている人は少なく、驚くほどすんなりとバゲージが出てきた。イケるかも、急げ。バス停を探し、なんとかバスに乗り込んだ。着陸からなんと15分、ほんとに間に合うなんて。いや、間に合ってよかった。

98番 Riquier行き4ユーロ。市内まではさほど離れていないのにタクシーだと30ユーロもかかるらしい。しかもぼったくられるとのウワサもあり。真っ暗な海岸線をまっすぐ走る。15分ほどで市中に入りプロムナードデザングレを進む。左手にホテルネグレスコ。メセナ広場を過ぎ、Cathédrale -Vieille Villeにて下車。ここから徒歩で宿泊先に向かう。地図は頭に入っている。さ、気を引き締めて。人通りはまったくないけど街頭が明るく、心配していた治安は問題なさそう。教えてもらったルートを辿り10分弱でアパルトマンに到着した。呼び鈴を鳴らし、エレベーターで3階へ。家主がドアの前で出迎えてくれた。

今日から3泊、アメリカ人女性のお宅にお世話になる。小さな個室のベッドルーム。リビング、キッチン、バスルームは共有。部屋の説明を受け、しばらくおしゃべり。アメリカ人らしく気さくな感じ、自宅のようにくつろげそう。洗顔を済ませて早々にベッドへ入る。長い1日ようやく終了。

a0119620_16554258.jpg

by 84vaucluse | 2013-06-01 21:51 | 2013 France
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30