ロンシャンより戻る

もうここまできたら一気に書いてしまえ!
というわけで、ロンシャンからの帰り道をまとめてみます。

礼拝堂を存分に堪能した後、ビジターセンターにてしばしの休憩。
冷えていた身体を暖め、持参した軽食を頂きました。
テーブルとイスが幾つか並ぶラウンジのような空間は自由に立ち入ることができますが、置いてあった自販機は稼働していませんでした。飲み物は持参したほうがいいかも。ちなみにトイレも使用できず。
売店を覗き、帰りの電車の時間に合わせて建物を後にしました。

来た道をこんどは緩やかに下っていきます。
午前中より視界は幾分ひらけてきました。さっき見た礼拝堂がまるで幻のよう。
a0119620_1641116.jpg

a0119620_16412612.jpg

a0119620_16414176.jpg
a0119620_16415237.jpg

再び駅に戻ってきました。
ホームにはスーツ姿の若いムッシュ。携帯を片手にずっと話に話しこんでいます。
階段に座りこむリュックを背負った若い女の子。彼女も礼拝堂の帰りかな。
電車が来るのを4人で待ちます。
a0119620_16482879.jpg

a0119620_16484280.jpg

a0119620_16485432.jpg

a0119620_1649838.jpg

a0119620_16492440.jpg

a0119620_16493884.jpg

ベルフォールにてパリ行きの列車を待つ間、カフェにて休憩。
トイレをすませて駅に戻りました。
パリまではおよそ4時間。インターシティという長距離列車の車内はガラガラです。
いつまでも暮れない夕日のなかを列車は走り続けます。
a0119620_174922.jpg

a0119620_1742972.jpg

a0119620_1712625.jpg

a0119620_1714177.jpg

a0119620_1715660.jpg

a0119620_1721181.jpg

長かった1日。ようやくパリに戻ってきました。
あぁ楽しかった。
a0119620_178770.jpg

+ + 

パリ・ロンシャンの日帰り旅、無事に完結です。
行ってみての感想。

もうほんと、行ってよかった!!
ぜひとも行くべし。

あいにくの曇り空、肌寒い1日であったものの、かえってその幻想的な風景が時を経た今も頭から離れません。コルビュジエについて人並みくらいの知識しか持ち合わせていない私でさえも、いたく感動しました。この目で見られてホントによかった。機会があればぜひまた訪れてみたいです。

またいつか、きっと行けますように。
by 84vaucluse | 2013-05-04 17:20
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31