人気ブログランキング |

paris 18

今日はまたいちだんと冷えますねぇ。
見えないところで少しずつ春が近づいているとは思うのですが。

パリ日記、急いで仕上げているのには訳があります。
来週より渡仏の予定。経つ前に書いておかないと、たぶん記憶が消えてしまう、、
という訳で、ラストスパート。

---

vendredi. 25 mai 2012


a0119620_2303144.jpg

a0119620_21202327.jpg

よく晴れた朝。気にかかっていたパティスリーを目指し11区に向かう。ビストロの並ぶ通りもランチが始まるまではのんびりした時間が流れている。通りの突きあたりに目当ての店シリルリニャックを発見。パンもガトーもとびきりおいしそう。迷った挙げ句、タルトシトロン、パリブレスト、フラン、パンも少し購入。近隣のアンティーク店や古着屋を巡り、シャロンヌに出る。パリハノイを通りかかったら素通りできず、海老入りボブンをテイクアウト。ポーズカフェのテラスは日差しを求める人達で賑わっている。次に向かったエピスリーはバスティーユ広場すぐ脇の、雑然とした場所にあった。ドアを開けると空気が一変、良き時代のままの静かな店。品のいい若いマダムが対応してくれる。水出しにおすすめというフレーバーティー、素朴なパッケージのマドレーヌ、チーズに合わせて食べるジャムなどを購入。予定より少し遅れて帰宅。ボブンをシェアしてランチを済ます。シリルのお菓子は残念なことにぐちゃっと潰れて無惨な姿になっていた。それでもとびきりの美味しさ。他のもいろいろ試してみたい。
a0119620_2393654.jpg

部屋の持ち主Alexと待ち合わせるため再び外出。19区にある104というアート系の複合施設へ。広い敷地内に本屋、ギャラリー、カフェなどが点在している。ダンスや演劇の練習に励む若者たちがそこかしこにいて自由な空間。インスタレーションを見たり、エマウスで買い物したり。この界わい、治安は決してよくないけれど施設内なら問題なさそう。
a0119620_2374875.jpg

a0119620_23225459.jpg

a0119620_1121519.jpg

建物を出る。北駅に続く線路沿いにモダンな公園。民族衣装を身に着けたおばさん達が車座になって座りながらおしゃべりに興じている。シュールささえ感じる不思議な光景。歩いてすぐのインド人街に向かう。食材店、雑貨店、理髪店、すべてがインド。下町感は強いのに怖々しい感じはない。アジアやアラブの商品が並ぶスーパーにてマグレブ料理に使うスパイスを買う。ミントやパクチーも格安、大きな束がたったの€0.5。こんな店、近所に欲しい。Alexの車で家へ戻る。夕方の渋滞に嵌り、パリ人らしいエキサイティングな運転術を間近で体感。フィルムの中にいるみたい。今夜は日本食で彼女をもてなす。ダメダメな英語を駆使しつつ更けてゆく、楽しい夜。
by 84vaucluse | 2013-02-22 23:29 | 2012 Paris
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30