南仏* Chambre d'hôte 巡り

「南仏ネタはどうなっちゃったの?」と思っているみなさん、(いないか、そんなに..) お待たせしました。
予告どおり、今回はフランスの民宿シャンブル.ドットについて写真満載でお送りしますよ。
ごゆっくりどうぞ〜

2005年1月Peu Connuさん夫妻と3人で南仏ドライブ旅行に出掛けました。
自分で言うのもなんですが、このときはホントに気合いを入れてプランニングしましたよ。
特にこだわったのは宿。
車でなくてはアクセスの難しいシャンブル.ドットを探しまくり、個性豊かな3軒の宿を泊まり歩きました。

パリからアヴィニョンに入り4泊5日、レンタカーでプロヴァンスの見所をざざっと廻りたい方にはたぶん参考になるルートだと思います。
On y va !!!

  + + +

パリ.リヨン駅 Gare de LyonよりTGVにてアヴィニョンへ。
14時には着くはずだったのにトラブルで1時間ほど遅れてしまった。
フランスではよくあること、焦らずいきましょう。
AvignonTGV駅でレンタカーを借り、本日の宿に向け出発です。
途中道に迷ったりしながらも、夕刻にはなんとか到着。

  + + +

「Le Clos des Ocres」 St-Siffret
a0119620_11242994.jpg
a0119620_1125141.jpg
a0119620_1131418.jpg

うわぁ、想像以上にステキなお宅!
品のいいご夫妻と愛犬がお出迎え。3人とも初日からテンションが上がります。
a0119620_14392350.jpg

a0119620_1438265.jpg

自慢のテラス、朝の空気が清々しい。
a0119620_2035213.jpg

名残おしいけど出発です。
最寄りの街 Uzèsユゼスを散策後、世界遺産 Pont du Gard ポン.デュ.ガールに立ち寄り、Saint-Rémy-de-Provence サン.レミ.ド.プロヴァンスへ。
時間に縛られない気ままな3人旅です。
夕暮れが近づいてきたので、そろそろ本日の宿に。

  + + +

「Le Mas Manon」St-Rémy-de -Provences
a0119620_12201939.jpg
a0119620_12203070.jpg
a0119620_12203918.jpg

今夜の宿は素朴な感じ。
田舎の親戚宅に遊びに来たような気楽な雰囲気です。
ホストも気さくなムッシュとマダム、リラックスして過ごせそう。
a0119620_17272420.jpg

南仏の陶磁器を使ったテーブルセッティング。
イタリアからの泊まり客と一緒に賑やかに朝食を頂きました。

さて今日も気持ちよく出発です。
絶景の Les Baux-de-Provence レボー.ド.プロヴァンスを経て、朝市に間に合うようLourmarinルールマランへ急ぎます。
午後はリュべロンの村巡り。
Lacosteラコスト、Bonnieuxボニュー、Aptアプト、Roussillonルシヨン、Gordesゴルド、プロヴァンスのハイライトを次々と、、
ゴルドを出たところでちょうど日が傾き、村全体がピンク色に染まる瞬間に遭遇! ....鳥肌立ちました。
日が暮れぬうちに今日の宿に。

  + + +

「Domaine de Confier」Robion
a0119620_12385124.jpg

a0119620_12444288.jpg

a0119620_1613046.jpg

どこを取っても絵になるお宅、インテリア好きのマダムのセンスが行き届いています。
a0119620_1521238.jpg

自家製ジャムがずらっと並ぶ朝ごはん、シアワセ〜♪
a0119620_1523374.jpg

いつまでも寛いでいたいけどそうもいかず。
週末の市が立つL'Isle sur la Sorge リル.シュル.ラ.ソルグへ。
蚤の市やアンティークショップを覗いているうちにあっと言う間に1日が過ぎていきます。

この日の宿はリルの小さなホテル。
市と運河が目の前という好立地、カジュアルな宿だけど居心地がよく何度かお世話になってます。
a0119620_1654196.jpg


パリに戻る朝がやってきました。
帰りたくなーい(泣)
荷物をまとめてアヴィニョンへ。
せっかくなので街をちらっと観光してからTGV駅に向かいます。
車を返却して、プロヴァンス滞在は無事終了。

真冬とは思えない好天に恵まれた至福の5日間。
いかがでしたか?

プロヴァンスはさすがに人気の観光地、他の地方に比べ素敵なシャンブル.ドットも数多く、いや、困ってしまうほどたくさん存在します。
まずは自分が優先する条件を絞り込んでから宿探し始めるのがいいでしょうね。

私の場合は断然デコラシォン。
ホームページを見比べながら好みのお宅を探していくのも旅の楽しみのひとつです。
予算の見あった素敵な宿が探し出せたときの喜びはひとしお。

洋雑誌のようなシャンブル.ドットのHPを眺めながら、たまには空想旅行を楽しんでみては? 
'いつか' 役立つ日が来るまで、ね。

PS > もうすぐ南仏のtit.さん、シュミレーションに役立ってる?
[PR]
by 84vaucluse | 2010-06-27 20:46 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30