♪ プチ情報

アントワープのこと、めっちゃ語ってるわりにはなんの情報もないやーん、と自己反省。

役に立つのかどうかはともかくだけど、私のタビ経験からのプチ情報、以下に記します。
最後に行ったのが2004年6月だから、かなり変わっているかもね。
そのあたりをふまえたの上で、気楽に読んでくださいね〜

*アントワープ中央駅 : 欧州の鉄道駅らしい重厚なふんい気がたまりません〜。
a0119620_15162929.jpg

ベルギーは小さな国なので国内移動に時間はかかりません。
ちなみにブリュッセル〜アントワープは電車で40分ほど。
どの都市を拠点に滞在しても日帰りで別の街に遊びに行けちゃいます。
アントワープはオランダ寄りにあるのでアムステルダムから入るのも便利。
a0119620_15204230.jpg

簡素でも小ぎれいでセンスのよさそうな小さなホテル、ひとりで旅するときはこんなイメージで宿を探しますが、アントワープにはこの手のホテルが案外少ないのです。
最近になって新しいホテルが少しずつオープンしているようなので、泊まられた方いらっしゃったらお話聞かせてくださいね。

私はもっぱらB&Bを利用します。
アントワープ観光局のHPで詳細な情報が手に入るので、立地と価格、お家の雰囲気などをチェックしてコンタクトを取ります。
人のお宅を覗けるってかなり楽しい経験ですよー
私個人の感想ですが、アントワープは比較的治安もよく暮らしのレベルが高いと思うので、あまりハズレることはないように感じます。

*大家族のこのお宅では階段の踊り場にも子供の勉強机が置かれていました
a0119620_15265964.jpg

それからトラム。
a0119620_1529215.jpg

狭い路地までずんずん入って行って、乗ってるだけでわくわくしてきます。
生活感溢れるこういう乗り物って大好き!
繁華街を南に下って現代美術館へ行くルートがオススメです。
この美術館、空間の使いかたもすてきでかなりいいですよー

少し歩くと川に出ます。
市民のお散歩コースといった感じで、ぶらぶら歩いているうちに街の中心まで戻ってきます。
a0119620_16335348.jpg

中心部はそれほど広くないので、あちこち気の向くままに歩き回るといいですね。
アントワープ派と言われる有名デザイナーのブティックもあるけれど、パリのように敷居が高くないので気軽に覗ける感じ。
センスがいいのにくだけた感、これがアントワープの魅力かなーと思います。

*前回の旅で見つけて大好きになったAnnaHeylenのブティックにて。デザイナーの子供たちがはしゃいでます。
a0119620_1610461.jpg


アントワープはフラマン語圏ですが、ほぼ英語が通じます。
ホテルやレストランだけでなく近所のおばちゃんレベルまで簡単な英語を理解してくれるので言葉で困ることは少ないです。

何より人が皆、穏やかで親切。
ラテン気質のパリから来るとよけい身に染みます。

週末はもちろん市へ。
食材からアンティークまで、街中の人たちが集まってきて賑やかです。
a0119620_14255498.jpg

バーチャルツアー、楽しんで頂けたかな?

やってる私が行きたくなってきて、ちょっと困ってますけどね。
[PR]
by 84vaucluse | 2010-04-06 16:22 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31