カテゴリ:2012 Paris( 18 )

paris 18

今日はまたいちだんと冷えますねぇ。
見えないところで少しずつ春が近づいているとは思うのですが。

パリ日記、急いで仕上げているのには訳があります。
来週より渡仏の予定。経つ前に書いておかないと、たぶん記憶が消えてしまう、、
という訳で、ラストスパート。

---

vendredi. 25 mai 2012


a0119620_2303144.jpg

a0119620_21202327.jpg

よく晴れた朝。気にかかっていたパティスリーを目指し11区に向かう。ビストロの並ぶ通りもランチが始まるまではのんびりした時間が流れている。通りの突きあたりに目当ての店シリルリニャックを発見。パンもガトーもとびきりおいしそう。迷った挙げ句、タルトシトロン、パリブレスト、フラン、パンも少し購入。近隣のアンティーク店や古着屋を巡り、シャロンヌに出る。パリハノイを通りかかったら素通りできず、海老入りボブンをテイクアウト。ポーズカフェのテラスは日差しを求める人達で賑わっている。次に向かったエピスリーはバスティーユ広場すぐ脇の、雑然とした場所にあった。ドアを開けると空気が一変、良き時代のままの静かな店。品のいい若いマダムが対応してくれる。水出しにおすすめというフレーバーティー、素朴なパッケージのマドレーヌ、チーズに合わせて食べるジャムなどを購入。予定より少し遅れて帰宅。ボブンをシェアしてランチを済ます。シリルのお菓子は残念なことにぐちゃっと潰れて無惨な姿になっていた。それでもとびきりの美味しさ。他のもいろいろ試してみたい。
a0119620_2393654.jpg

部屋の持ち主Alexと待ち合わせるため再び外出。19区にある104というアート系の複合施設へ。広い敷地内に本屋、ギャラリー、カフェなどが点在している。ダンスや演劇の練習に励む若者たちがそこかしこにいて自由な空間。インスタレーションを見たり、エマウスで買い物したり。この界わい、治安は決してよくないけれど施設内なら問題なさそう。
a0119620_2374875.jpg

a0119620_23225459.jpg

a0119620_1121519.jpg

建物を出る。北駅に続く線路沿いにモダンな公園。民族衣装を身に着けたおばさん達が車座になって座りながらおしゃべりに興じている。シュールささえ感じる不思議な光景。歩いてすぐのインド人街に向かう。食材店、雑貨店、理髪店、すべてがインド。下町感は強いのに怖々しい感じはない。アジアやアラブの商品が並ぶスーパーにてマグレブ料理に使うスパイスを買う。ミントやパクチーも格安、大きな束がたったの€0.5。こんな店、近所に欲しい。Alexの車で家へ戻る。夕方の渋滞に嵌り、パリ人らしいエキサイティングな運転術を間近で体感。フィルムの中にいるみたい。今夜は日本食で彼女をもてなす。ダメダメな英語を駆使しつつ更けてゆく、楽しい夜。
[PR]
by 84vaucluse | 2013-02-22 23:29 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 17

ツイッターを始めました。
とりあえず思いつく友人たちをフォローしていたら、続々とメッセージが送られてくる。そーゆうもんなのかぁ、ちょっとビックリ。
使いこなせるまでつまらんこともつぶやきます。習うより慣れろ、ですよね。

さて本日もパリ日記。

---

Jeudi. 24 mai 2012

a0119620_2258437.jpg

今日も朝からいい天気。サンマルタン界隈に繰り出してまずは人気のブーランジュリに向かう。ピスタチオ味のエスカルゴ、りんごのタルトを外のベンチで頬張る。小腹が満たされたところでウインドーショッピング。A.P.C、アニエスb、ヴィンテージドレスが並ぶ小さなブティック、こういう時間はほんとに楽しい。メイドイン欧州にこだわったコンセプトストアにて皮の長財布を衝動買い。それにしてもこの辺り、ここ数年加速度的にお店が増えた。お洒落でリッチで自由を好む若い人達が集まってくる。うろうろ歩いていたらレンガ色の路地が目に飛び込んできた。わぁ素敵。
a0119620_22181420.jpg

アメリカンテイストのBioベーグルとスムージーのお店にてランチ。長テーブルをみんなで囲む。ゆるい空気感が心地いい。お隣りは時間単位でミシンを使わせてくれるソーイングカフェなる店。窓にへばりつき手芸女子を観察。運河沿いを歩き北マレに向かう。3区の区役所前、運河近くにあったアート系本屋さんがこっち側に引っ越していた。アンファンルージュに入り奥のカフェでひと休み。午後のこの時間、市場内は人気もなくとても静か。
a0119620_22202581.jpg

a0119620_2259271.jpg

ビオスーパー、ポワラーヌ、カディなどを覗きながらメルシーへ。早めに着いたので店内をひと巡り。次回のディスプレイ替はいつ?と聞いたらニュースレターを送るからとアドレスを登録してくれた。夕刻パリで働くデザイナーhiromiちゃんと落ち合う。15区Duplexまでメトロで移動、気になっていたカジュアルレストランにてディネ。テラスから順に席が埋まっている。
a0119620_2221432.jpg

シャルキュルトリをつまみながら料理を選ぶ。生ハム旨し。人参たっぷりのウフマヨも3人でシェア。メインの魚料理はトマトソース、南西地方の味。デセールまでしっかり頂き、腹ごなしにエッフェル塔まで散歩。真下に来るの、久しぶり。トロカデロでhiromiちゃんと別れても家に戻るのが惜しい。メトロを途中下車、凱旋門を眺めてからようやく帰宅。
a0119620_2223391.jpg

[PR]
by 84vaucluse | 2013-02-18 22:48 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 16

昨夜は「またもや」の話で失礼しました。
また言ってるわ、くらいにかるーく流して下されば結構ですので。
あ、それから体調のこと。ご心配をかけてしまうし、あんまり書くのもどうかと思うんですけどね。
いつものごとく、気をつけながらぼちぼちやっていますので、どうぞご心配なく。

さて、いまさらですがパリ日記。
放置したまま数ヶ月が経過してしまい、正直記憶があいまいになってます。でも途中放棄はなんだか気持ち悪いので、気を取り直して再開。自分的憶え書きですが、よろしければおつき合いくださいまし。


---

mercredi. 23 mai 2012


滞在も終わりに近づいてきた。昨日の疲れがまだ残り、遅めに起床。限られた時間で何をするかどこへ行くか、ノートを広げてプランを練る。まずはオペラに出てアップルストアを覗いてみる。特に珍しいものはない。パリ仕様のiphonカバーとか、あったらいいのに。レペットに入るも、かなりの混雑で店員さんが捕まりそうにない。ならばとサンジェルマンまでバスに乗る。こちらは空いていて、すんなり買物終了。祝レペットデビュ。木型が細身で私の足には合わなさそうと諦めていたので慎重にサイズを確認。ボンマルシェをちらっと覗き、コンラン横のアイスクリーム店にてテイクアウト、公園のベンチに座る。マンゴーとピスタチオ。うーん、文句なく美味しい。ようやく初夏らしい晴天に恵まれた。子供たちが噴水から水を汲み出して、繰り返し砂場に運んで遊んでる。トリニテまでメトロで移動。切手を買うためポストに寄り道、目当てのミュゼに向かう。薔薇の咲く中庭に小さなカフェがある。賑わうテラスになんとかスペースを確保した。もう少し寛ぎたいという友人と別れてお店巡り。ベルナシオンのタブレットを求めに菓子店に立ち寄るが、残念ながら今日は売り切れ。アメリカ人が買い占めていっちゃったのよーとのこと。考えることはみな同じ。マダムのおすすめを幾つか選び、モンマルトル裏に向かう。シャムア松橋さんからの伝言を携え、区役所脇のブロカントに立ち寄る。ベベの写真を見せたらとても喜んでくれた。坂を少し登り次の店へ。母子で営むブロカント、雑然と並ぶ商品の中から宝探し開始。気になるものをテーブルに並べると、さあ座って!とひとつひとつ丁寧な説明が始まる。途中近々貸し出す予定という奥のアパルトマンを見せてくれたり、居合わせたお客さんと盛り上がったり。買い物を済ませるまでに軽く2時間が経過。友人がお腹を空かせて待っているはず。そろそろ帰らなきゃ。「また来ます」と挨拶をして店を出る。今日も部屋にて晩ごはん。
a0119620_13101499.jpg

a0119620_13102633.jpg

a0119620_13103899.jpg

[PR]
by 84vaucluse | 2013-02-16 13:55 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 15

→→
mardi. 22 mai 2012



a0119620_13544084.jpg

線路脇のホームに降り立つ。改札も駅舎もなく標識だけがぽつんと立っている。線路沿いの道を歩く。思ったよりも車の往来が激しくて寂しげなようすはない。教会の手前を左に折れて丘を登って行く。人通りはないけれど道はちゃんと舗装されていて車も過ぎてゆく。霧が立ちこめ先が見えない。森の中に吸い込まれていくような気分。ミストシャワーに包まれながら坂道を上がる。20分ほどで丘のてっぺんに差しかかった。右手にエントランス。出来たはかりのビジターセンターに切符売場とショップが併設されている。わくわくを押さえきれず、足早にゲートをくぐる。
a0119620_14225380.jpg

目の前に現れた礼拝堂。霧にすっぽり包まれて今にも目の前から消えてしまいそう。内部を見てから外観をぐるっとじっくり眺める。どこをどう切り取っても様になる空間。芝で靴がぐっしょりと濡れているのにもまったく気ずかず、過ぎてゆく時間。ここに来られて本当によかった。
a0119620_13575712.jpg

ロビーで暖を取り、持参した軽食を取ってから丘を降りる。先ほど見た光景はすべて幻のように感じる。ロンシャン駅より再び電車に乗り、今度は在来線にてパリに戻る。パリまでは4時間余り。行きとは逆に高度が下がるにつれ家々や牧草地が増えてゆく。車内は夏の日差しでいつまでも暗くならない。途中停車したトロアでは大粒の雨が降っていた。もうすぐ21時、東駅に戻ってきた。長くて不思議な1日。また行こう。絶対に。
a0119620_22122833.jpg


[PR]
by 84vaucluse | 2012-07-26 14:20 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 14

放置中だったパリ日記、ロンシャンに行くところから再開です。



- -

mardi. 22 mai 2012



4時半起床。早朝のTGVに乗るため、余裕を持って部屋を出る。駅に向かったものの、まだメトロは動いていない。少し歩き、開いている駅を見つけて飛び込んだ。ホームに降りて始発を待つ。どうにかGare de Lyonに到着。よかった、間に合った。構内のスタンドにてデニッシュとカフェを買って列車に向かう。安い席を探したので友人とは違う車両。6時15分発 チューリッヒ行き。まずはBelfortまで。昨年冬に開通したばかりの新路線、車両はピカピカ気持ちいい。空いているので好きな席に移動して音楽を聴きつつ、ぼんやり。
a0119620_1840944.jpg

速度はときどき300kmを超えている。ふわっと浮いた感覚、あまり好きじゃない。高度がどんどん上がっていって家並みが減ってきた。Belfort-Montbéliard駅着。
a0119620_19532428.jpg
a0119620_1953504.jpg

ここの駅も出来たばかり。TGV専用駅はどこもデザインが逸品で格好いい。段差なしで外まで出られる構造。日本の鉄道駅もこんなだったらいいのに。バスにて市街地へ、15分ほどでSNCF駅前に着いた。列車の時刻を確認し、Ronchampまでの切符を購入。乗り継ぎまで1時間余り、Belfortの街を探索。
a0119620_19543344.jpg
地理的に近いドイツやスイスの雰囲気は感じられない。むしろもっと南、イタリアなどに近い感じ。ドイツ領とならなかった街の歴史と関連があるらしい。やや寂れた街並にお年寄りの姿が目立つ。ショコラティエに寄り、飲み物を買って駅に戻る。1両だけの小さな電車がホームに止まっている。Ronchampへ。20分ほどで無人駅に到着。降り立ったのは我々2人のみ。
a0119620_2019617.jpg

[PR]
by 84vaucluse | 2012-07-24 20:28 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 13

フリーマーケット、無事終了!!
お天気にも恵まれ、たくさんの方にお越し頂きました。
初めての試みで正直やってみるまでどうなることやら予想がつかなかったけど、みなさんそれぞれに楽しんで下さったご様子。
快く会場を貸してくださったcafe bouさん、美味しいドリンクで盛り上げてくれたクロカワくん、そしてご協力下さった参加者のみなさん、本当にありがとうございました。
またどこかでご一緒しましょうね。

と、まずはフリマ報告から。

さてパリ日記。このまま放置したら永遠に完結しない気がするので、そろそろ続きに取りかかります。
2度目の週末が終わり、月曜の朝からスタート!

- -

lundi. 21 mai 2012


a0119620_11443789.jpg

朝から本格的な雨。今日は1日降り続きそう。できるだけ外を歩くルートを避け、ショップ巡りの1日にしようかな。まずはウルトラモッド。いつもならオペラから歩くけど、濡れたくないので最寄り駅Quatre-Septembreまで。老舗の店内に踏み入れる。雨のせいか、時間の流れが更にゆったり感じられる。何気なく見ていたら突然アイデアが閃いて、その後リボン選びに没頭。お向かえの帽子コーナーも丹念に見てまわる。気がつけばかなりの時間が経っていて、さすがにぐったり。雨を避けつつパサージュを抜ける。猛烈にお腹が空いてきたけれどランチの時間を逃してしまった。うーん、ノンストップでも美味しく食べられそうな店。頭フル回転。Pyramidesに出たところでBOCOが目に入り、瞬時に飛び込んだ。瓶に入った料理やデセールが棚にずらっと並んでいる。本日の3品はセットで15€。思ったよりもリーズナブル。他にも単品を幾つか選び、2人でシェア。見た目よりボリュームがあってお腹いっぱい。「それ、美味しいよ」と勧められたレモン味のデザート。petit tarte "Tout citron" なんて、たまんないネーミング。勿論トレボン。

a0119620_1131866.jpg

外に出るといつの間にか雨はほとんど止んでいる。左岸へ移動。お次はセヌリエ。今日は老舗シリーズだな。店内に漂う独特の空気感。入れ替わりお客さんが入って来る。2階奥にあるイーゼルのサンプル部屋があまりに素敵でつい撮影。紙類を幾つか選んで店を出る
a0119620_11445237.jpg

再びバスにてモンパルナスへ。明日の遠出に備え、チケットを買いに来た。少し並んで無事購入。用事が済んでほっとひと息。気がつけばもう夕刻。帰りがけグランエピスリに寄ってみる。本館のショーウインドーにはコルビュジエ氏。カッシーナによるコルビジュエファニチャーの展示が始まるらしい。なんてグッドタイミング!明日のロンシャン行きが一層楽しみになってきた。それにしてもここのウインドーはいつもイマジネーションに満ちていて触発される。いい勉強。総菜などを少し買ってメトロにて帰宅。明日に備えて今夜は早めにBonne nuit.
a0119620_11385140.jpg

a0119620_11172091.jpg

[PR]
by 84vaucluse | 2012-07-11 11:26 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 12

気がついたら6月ももう終わり。パリの記憶も日々薄れつつあります。忘れないうちに書ききってしまわないとね。
自分に喝!(笑)


- - -
dimanche. 20 mai 2012


a0119620_0173051.jpg

昨夜からなんとなく体調不良。日曜日だけど仕方がない。今日は出掛けず部屋でゆったり過ごすことにする。洗濯したり片付けしたり、こんな時間も大切。1日ゆっくり休んだらだいぶ元気が戻ってきた。夕方、思い立って外に出た。市を目当てにビュットショーモンへ。メトロを上がるとそろそろ片付けが始まる気配。外れのほうに写真を並べたストール。ムッシュが撮影したポラロイド写真、テーブルの上にずらりと並んでいる。楽しくなってお気に入りを探し出す。フランスの田舎をドライブしながら撮ったというモノクロ写真を自分のお土産に。写真の裏に鉛筆でサインを書き入れて貰った。
a0119620_0211186.jpg

隣りの大きな公園に入る。崖あり川あり吊り橋あり、起伏にとんだ園内を散歩する。
a0119620_0232746.jpg

急斜面にごろんと寝転び、空を見上げる。
a0119620_0223479.jpg

ふわっと身体が軽くなり、すっかり体調回復。メトロに乗って少し遠回り。先日まで借りていたアパート近くの中華料理店に立ち寄った。無性に食べたくなった海鮮入り焼き麺をテイクアウト。今夜はアジアご飯。

[PR]
by 84vaucluse | 2012-07-01 00:25 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 11

暑さが増してきました。
この季節、無性に和菓子が食べたくなります。
マノマノにちよう市にて頂いたocoboさんの豆かん、瑞羊羹。
美味しすぎて虜です。また買いに行こ。

パリ日記、2度目の週末に突入です。

- -
samdi. 19 mai 2012


週末の朝。先週サボったヴァンヴに出掛ける。あちこちで寄り道。おしゃべりばかりで物探しはあまりはかどらない。楽しいから、まいいか。冬に来たとき休んでいた馴染みのストールが再開している。いつものご夫妻、元気なようすでひと安心。また来週!と挨拶をして切り上げる。大通り角のブーランジュリにて軽くランチ。ヴァンヴ帰りによく立ち寄る昔の喫茶みたいな店。トラムに乗って西に移動、PCに乗り換えてセーヌを越える。16区 Porte d'Auteuil。こじんまりと市が出ている。古い地図を眺めていたら売り手のムッシュにつかまり、しばしおしゃべり。迷った末、図柄のきれいな3点を買い求める。ずいぶん端まで来たけれど52番バスに乗ったらオペラまで戻ってこられた。今度は19区に向かう。メトロStalingrad下車。この辺り雰囲気がよくないので滅多に来ない。運河に出ると並木の下に市が立っている。散歩に来た人達でのんびり賑わい、気分がいい。クレープを食べてから物探し開始。だんだんと雲行きが怪しくなってきて大粒の雨が落ちてきた。今日は降らないと思っていたのに。シネマテークのカフェに駆け込む。小休止。小ぶりになったところで家に戻った。
a0119620_1120464.jpg

今夜はLa Nuit des musées。ユネスコ主催、ヨーロッパ中の美術館が夜中まで無料でオープンする。オペラ界隈でコリアンディナーを食べてから、ダニエルビュレン展を見ようとグランパレに向かう。展示会場の前はどこもかしこも大行列ができている。諦めかけたが案外すんなり入場。巨大な光のグラデーション。楽しい展示。雨に打たれたせいか気分がすぐれず早々に引き上げる。タクシーを捕まえ帰宅。もっとゆっくり見たかった。


a0119620_1047586.jpg

a0119620_1045308.jpg

a0119620_10271590.jpg

[PR]
by 84vaucluse | 2012-06-26 11:05 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 10

天候すぐれずな毎日ですね。

パリ日記、1/3くらい進みましたが、そろそろ記憶が怪しくなってきた。
ま、自分の覚え書きなんでいいんですけど。
くじけてしまいそうだけど、今書かないと忘れちゃうので最後まで頑張るぞ。
もうしばらくおつき合いくださいまし。

- -
vendredi. 18 mai 2012


朝、ミルクティーが飲みたくなって牛乳を買いに出た。スーパーではなくフロマージュリへ。オーベルニュ産のおいしいミルクが出てきた。やはり乳製品はケチらず専門店で買うのが正解。さて今日はアリーグルに出掛けてみる。メトロを降りてblé Sucréに寄り道。ショソンオポムを買い、目の前の公園で食べる。バターたっぷり濃厚な生地、パン屋さんというよりお菓子屋さんの作る味。広場に移動、軽く市を流す。広場に面したグロサリーでベルベーヌと自家製レモンピールを購入。マルシェもそろそろ店じまい。急いで買い物を済ませる。バスが来たので左岸に移動。86番。バスティーユからセーヌを渡り、あっという間にサンシュルピス。教会の外装修理がようやく終わり、堂々とした姿。
a0119620_10443358.jpg

メトロに乗り換えエドガーキネへ。ブロカント開催中。平日だけどほどよく賑わっている。日常使いの食器類を幾つか選び、一旦部屋に戻る。夕刻、散歩を兼ねて再び外出、モンマルトルへ。目当てはSUTADIO 28。この映画館の雰囲気大好き。中庭の小さなテラスでお茶をする。小鳥がさえずり静かなひととき。外はまだほどよく明るい。
a0119620_10453833.jpg

ぶらぶらと丘を下る。アメリのカフェ、ドゥムーラン。
a0119620_10502084.jpg

ブランシュの裏道へ。思ったよりも落ち着いた住宅街。小さな家が並ぶ路地。
a0119620_1126522.jpg

いちばん奥は劇場らしい。
a0119620_1193211.jpg

雰囲気のある本屋さん。日が少しずつ傾いてゆく。
a0119620_1052840.jpg

気になっていたオーガニックの食材店に差しかかる。内装もセレクトもセンスよし。アランミリアのジュースを選ぶ。どんな味だろ、楽しみ。日が暮れてようやくディネ。チーズ屋のムッシュにおすすめされたシェーブルに、アリーグルで買ったいんげんを茹で、ロゼを開けた。今夜も美味しい。

[PR]
by 84vaucluse | 2012-06-21 11:41 | 2012 Paris | Comments(0)

paris 09

17 mai 2012
a0119620_20281414.jpg

ぐっすり眠り気持ちのいい朝。ベッドの中で今日のプランを考える。朝の散歩を兼ねてパンの買い出し。食材店が連なる坂の途中にあるブーランジュリーへ。お客さんが入口まで並んでる。バゲットとタルトオポム、並びにあるローズベーカリーでキャロットラペを選んで帰宅。窓際のテーブルにてゆったり朝ごはん
a0119620_20294078.jpg

お昼過ぎ、モンマルトルに出掛ける。坂道を登っていくと右手に馴染みのアンティーク店。店主は不在で若いムッシュが留守番中。また出直そう。パン屋の角を曲がる。気に入っていたアロマの店や古着屋さんが無くなり、フィンランドの服飾雑貨店ができていた。マリメッコやサボ、皮小物などが目に留まる。サクレクールが近づき人が増える。小ぎれいなお店と思ったらフラゴナールのショップだった。メリーゴーラウンド前、たくさんの子供たちが遊んでいる。
a0119620_20512096.jpg

丘に登ると更にすごい人。サッカーボールでパフォーマンスをする男性に人々が群がっている。曇っているので景色はあまりよくない。教会の内部では昇天祭のミサが厳かに行われている。テルトル広場あたり、ついに雨が降り出した。土産物屋を覗きながら雨宿り。サティの家、モンマルトル美術館、葡萄畑。結局いつも同じような道を歩く。いつも撮ってしまう写真。
a0119620_2056117.jpg

a0119620_21323644.jpg

a0119620_20563287.jpg

ラパンアジルを裏側へ降りる。散歩中の犬がうろうろ。雨は止んでいつの間にか青空が見えてきた。
a0119620_20581964.jpg

並木の大通り、アンティーク店にポロック展のポスターが飾られている。かわいいビストロ、ドアから中を覗き込む。歩き疲れてきた。そろそろひと休み。パン屋の一角にあるカウンターに座り、気楽にカフェ。実は人気のパン屋さんだった。買って帰ればよかったな。
a0119620_20594574.jpg

店構えに惹かれ、雑貨店へ。店中をくまなく探る

a0119620_2111266.jpg

アベス通りに差しかかると再び人が多くなる。Beauty Monop、kusmi teaに立ち寄り、駅前のテントで朝食用のミルクジャムを買う。モンマルトルをぐるっと一周、元の場所に戻ってきた。このあと古着屋を2店はしご。北欧風のワンピースにベルトをあわせて20€。古着屋巡り、楽しくってやめられない。それにしてもよく歩いた1日。イタリア人がやっている近所のピザ屋でテイクアウト。トレイから好きな分だけ切り分けてくれる。3種ほど選び持ち帰る。さて音楽をかけて、部屋にてディナー。
[PR]
by 84vaucluse | 2012-06-17 23:01 | 2012 Paris | Comments(0)

Bon voyage a tous!


by 84vaucluse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30