自転車でお寺巡り

2017.1.19.  

歩いて回るには限界を感じ、午後からは自転車で出掛けることにする。
庭に置かれたママチャリを借り、go!
自転車ひさしぶりだけど、体力持つかなぁ。

小腹が空いたので、まずは遅めの昼ごはん。物色しながら走っていると、もくもくと煙をあげて鶏を焼いている露店を発見。地元の人で賑わってるみたいだし、よしここにしよ。

a0119620_10573718.jpg

小屋のようなオープンなテーブルに通される。
丸太の上にゴザが敷かれ、靴を脱いで床に座る。少しベコっとするけれど、まあ問題なし。
田舎家に来たみたいで、妙にリラックス。

a0119620_10565633.jpg

ガイヤーン、ソムタム、カオニャオという王道メニューを注文。さ、いただきますー、

a0119620_10571760.jpg

夢中で食べていると、ワンコがねだりに寄ってきた。ゴザに鼻を擦り付けたまま動かない。ものすごく物欲しそうに見つめられて、ちょっと戸惑う。
知らんぷりしていたら、諦めて他のテーブルへ行っちゃった。

a0119620_17165804.jpg

食事後は、名刹 Wat Umong ワット・ウモーンへ。

途中の道には、ぽつぽつと洒落た雑貨店などもあり、寄り道しながらのんびり向かう。
距離的には遠くないものの、お寺は丘の上にあり、やはり自転車ではきついかも。
急坂を登りようやく到着。ふぅ。

ワット・ウモーンは12世紀、ランナー朝の初代王により建立された。
14世紀に掘られた瞑想のためのトンネル(ウモーン)が今も残っている。
敷地は深い森になっていて、歩き進むほどに吸い込まれていくよう。

a0119620_19520769.jpg

靴を脱ぎ、洞窟の内部へ。ひんやりとした石路の奥に仏像が納められている。

a0119620_11101703.jpg

ウモーンを抜けると青い空が広がっていた。

a0119620_11105615.jpg

美しい仏塔。
古代遺跡のようにも見える。

a0119620_11112078.jpg

再びぶらぶらと走ってみる。
下町のような一角、お寺の門前を囲むように、商店が連なっている。
近くに学校があるようで、下校途中の生徒達もいて賑やか。
せっかくなので、ちょっとお参りしていこう。

Wat Pong Noi ワット・ポン・ノーイ
数人のお坊さんが、境内を掃除している。もうすぐ夕刻。

a0119620_17020510.jpg
a0119620_17041451.jpg
a0119620_17032383.jpg
a0119620_21564629.jpg


メインロードを外れ住宅街に入っていくと、視界が開け、山が見える場所に出た。
なんて気持ちいい路。ハワイの田舎に来たみたい。

a0119620_12583864.jpg


こんなに長閑な景色の中に、突然洒落た店がある。Day off day。
中庭を囲み、3棟の建物が並ぶ複合スペースで、カフェ、ダイニング、雑貨エリアが共存している。
オーナーは韓国の方みたい。

カフェ担当の若者男子にスムージーを作ってもらい、テラスに座る。

a0119620_12591529.jpg
a0119620_12593304.jpg

濃厚なマンゴー!すごく美味しい。

a0119620_12595160.jpg
a0119620_13185854.jpg

かわいい設えのオープンキッチン。
どんな料理が出てくるのかな、かなり気になる。

a0119620_13192541.jpg
a0119620_13022090.jpg
a0119620_13002863.jpg
a0119620_20242582.jpg
a0119620_20270371.jpg


だんだんと日が傾いてきた。そろそろお暇しましょうか。

a0119620_13031967.jpg


帰り道。道端にマッサージの看板を見つける。
本日の締めくくりはタイマッサージ、1時間 B180。
体調がすぐれないので痛いだろうと覚悟してはいたけれど、想像以上にきつい。
アクロバティックな動きについていけず、何度も悲鳴を上げてしまった。
でも施術後は揉み返すことなどもなく、すっきり。

19時を過ぎ、あたりはもう真っ暗になっている。
気をつけて帰らなきゃ。


[PR]
by 84vaucluse | 2017-03-11 21:20 | 2017.1 Thailand | Comments(0)

Bon voyage a tous!


by 84vaucluse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30