寒さを逃れてタイへ行く

ことし初めての旅、タイより戻ってきました。

タイへ行くのは今回で2度目。
最初の旅では友人たちとわいわい楽しく過ごしましたが、もっと深くこの地を感じるために、やはりひとりでブラブラ歩き回ってみたくなった。
チェンマイ9泊+バンコク4泊の2週間、事前のプランニングは最小限に、気の向くままの滞在を楽しんできました。

書きかけで放ったらかしのパリ日記も気になってはいるんですが、とりあえずホットなうちにタイ日記に取りかかってみようと思います。よろしくお付き合いを〜。


--


常夏のタイですが、11〜2月にかけては気温もそれほど高くなく、乾季にあたり晴天の日が続きます。旅をするには絶好のシーズンで、同じように考える旅行者が世界中から集まります。
行くならこの時期と決めていたものの、日程についてはエアの空き状況と価格を見比べ右往左往。しばらくネットに釘付けで調整をはかりました。気をつけたのは旧正月。中国や韓国など旧暦で動いている国は、この時期旅行者ががっつりと増えるはず。今年の新年は1月28日なので、前後は注意が必要です。

まずは、エアチケットの予約から。
格安なLCCなどもあるけれど、乗り継ぎや荷物のことを考えるとタイ航空がやはり便利。料金体系もシンプルだから結果的にはお得になると思う。
名古屋→バンコク→チェンマイ、チェンマイ→バンコク、バンコク→名古屋という3区間を通しで発券、タイ航空のウェブより購入し、58000円ほどだった。まあこんなもんかな。
有り難かったのは受託荷物の許容量が30キロだったこと。荷物の少ないバックバッカーならいざ知らず、私のようにいつも大きなラゲージを抱えている旅行者には嬉しいサービス。またスマホにアプリを取り込んでおけば、出発の24時間前からオンラインにてチェックインが可能なのも便利です。すごい世の中になったもんです〜、

並行して、宿探し。
チェンマイは9泊と長いので、メリハリをつけ、3泊ずつ3つの宿を選んでみた。
いろんな宿を比べながら泊まり歩くのも楽しみのうち。

最初の宿は、市街地から少し外れた場所にあるウッドコテージ。Airbnbにて探し当てた。ひとりで泊まるには贅沢すぎる広い作りで、宿泊代もいちばん高い。木々に囲まれたベッドルームがすごく素敵で、鳥のさえずりで目覚めることができるらしい。ずっとここではさすがに退屈しそうだけれど、最初の3日は何も考えず思う存分リラックスしようと思う。

その後は街中に移動してホステルに3泊する。長期でなければドミトリーでも全然OK。
チェンマイは宿泊施設が充実しており、街中ホステルだらけ。選択に迷ったが、賑やかすぎず、でも便利そうな立地に決めた。ホステルワールドより予約完了。

3つめの宿は、3室のみという小さな規模のゲストハウス。居心地の良さそうなインテリアにピンときた。豪華さはないけれどシャワールームも個別に付いているし、価格もほどほど。静かな住宅街にあって、こちらもAirbnbにて発掘。

バンコクに移動して、最後の4泊はドミトリーに滞在する。HPのセンスが良くて前々から目を付けていたお洒落ホステル。激安ではないけれど、こういう宿は客層も悪くないと思われる。落ち着いた住宅街にカフェなどが点在するアーリー地区。バンコクの友人からも「いい場所選んだね」と言われ、期待感が増す。

年々物価が上がっているとはいえ、工夫をすればまだまだお安く滞在できるタイ。
他のアジア諸国のようにジャンクすぎず治安もいいから、人気があるのも頷ける。

特別なことをするわけでなく、暮らす場所を少しの間移動してみる。
そんな旅の始まり。

a0119620_18295121.jpg


[PR]
by 84vaucluse | 2017-02-10 21:22 | 2017.1 Thailand | Comments(0)

Bon voyage a tous!


by 84vaucluse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30