朝散歩_ベルヴィル

morning walk in Belleville, Paris 20eme


2016/9/22 くもりときどき晴れ

パリ3日目の朝。
今日はホステルを引き払い、新たな宿へ移動する。
先方との待ち合わせは15時なので、それまでは自由時間。
せっかくなのでホステル界隈、ベルヴィルを散策してみようと思う。

ホステルの目の前は大通り。真ん中に遊歩道が走っていて、週に2回朝市が立つ。
ここを超えると向こう側は20区となり、ジャンクな雰囲気が増していく。
まずはこのあたりからお散歩開始。

坂をずんずん登って行く。やはりこちら側11区とはずいぶん雰囲気が異なっている。
下町ぽさはあるものの、住宅街という顔も持つ。夜はちょっと敬遠するけど、昼間ならば怪しすぎる空気は無い。


a0119620_15554528.jpg
a0119620_15560993.jpg



突き当たりを左へ折れてみる。右に行けば、ベルヴィル公園に突き当たるはず。

a0119620_15584931.jpg
a0119620_15595914.jpg
a0119620_16001482.jpg

ジャンキーかと思いきや、とつぜん古い教会などもあり、なかなかに面白い。

a0119620_16012293.jpg


パリは中心部へ行くほどに建物の年代が古くなる。二桁の20区などには比較的新しい建築などもられる。新しいといっても、どうだろう、50〜70年代くらいかな。
なんとなくベルリンのような空気もある。


a0119620_16014001.jpg
a0119620_16045411.jpg
a0119620_16051064.jpg


ベルヴィルから東へ伸びるメインストリート、ベルヴィル通りに出た。
右に曲がり、坂を少し登ってみよう。
角っこにビオスーパー。へーこんなところに。ミントティーを購入してみた。

しばらく歩くと、大勢の人だかりに遭遇した。
ガイドらしき仏人女性が、建物の前で熱心に解説をしている。
もしかしたら!そう、やはりここはエディット・ピアフの生家だった。


a0119620_16064074.jpg


お隣りの鶏肉屋さんにはアラビア文字。ここはハラルの肉のみを扱う専門店。

a0119620_16094582.jpg
a0119620_16100771.jpg


坂道を引き返す。
カラフルなグラフィティがあちこちで見られるのも、ベルヴィルの楽しいところ。

a0119620_16131277.jpg
a0119620_16135643.jpg


そろそろお腹が空いてきた。
通りの反対側に目当ての店を発見。

a0119620_15045722.jpg


CREAM。
最近パリで増えている、焙煎豆にこだわったおしゃれカフェのひとつ。
思ったよりも小さな店内。可愛らしいお姉さんがひとりで店番している。
朝ごはんに良さそうなフードメニューが充実していて、迷ってしまう。

カウンターに置かれた焼菓子の中から、バナナケーキとカフェクレーム。
いただきますー。

a0119620_16162368.jpg


美味しい。
ケーキの生地は甘さ控えめ。アメリカ菓子のようなざっくりとした素朴な味ではなく、フランスの繊細さが感じられる。
端っこに付いてる白いクリームがこってり甘くて生地とのバランスがとてもいい。
クリームチーズとレモンヴェール、ココナッツというレシピだそう。うーん満足。

他にも、ほうれん草、キュウリ、りんごのフレッシュジュースだとか、自家製グラノーラとか、気になるメニューが沢山あった。
営業時間は夕方5時半まで。お酒は置かず、コーヒーを飲むためだけのお店。
ここまた来てみたい。

a0119620_16160792.jpg


再び、坂を下っていく。
ベルヴィルは13区と並ぶパリ有数の中華街でもあるので、漢字率も高い。

a0119620_15062250.jpg


かと思えば、おじさん達が集う、こんなレトロチックなカフェもある。

a0119620_15064718.jpg


何これ、ウインナーロールパン?中国人経営のベーカリーで売られてた。
かなり気になる。

a0119620_16314797.jpg


ベルヴィルの名所いえばこの通り。Rue Dénoyez。
なかなか来る機会がなくて、今回初めて立ち寄ってみた。

a0119620_16333181.jpg
a0119620_16341267.jpg
a0119620_16343397.jpg
a0119620_15160035.jpg
a0119620_15162644.jpg


たくさんの観光客がカメラ片手に撮影してる。
狭い路地の中ほどでは、工事が行われているみたい。行ってみよ。
クレーン車が建物目がけてガンガンとシャベルをぶつけて、壁を破壊している。
なんとまあダイナミックな。
その様子を興味深く眺める人たち。スマホで動画を撮っている人達もいる。


a0119620_16364988.jpg
a0119620_15112151.jpg


通りを反対側まで通り抜けて、ホステルに戻ってきた。
ああ楽しかった、ベルヴィル散歩。
この界わい、パリ好きの間でも好き嫌いが分かれる場所。特に女性には苦手な人も多いと思う。
もちろん夜の治安など、配慮すべき点はあるけれど、私はとても好き。
これもまたパリの顔。いろんな面がメランジェされていてこそのパリだと思うから。

a0119620_15172292.jpg


部屋に置いていた荷物を出してチェックアウト。14時くらいに再び戻ってこればいいからね。
さてどこへ出掛けようかな。


[PR]
by 84vaucluse | 2016-10-26 15:49 | 旅 2016.9 パリ | Comments(0)